inateck HDDスタンド レビュー 二台のハードディスクやSSDが挿せて、デスクがスッキリする質感もいいおすすめのHDDスタンド

ガジェット

「inateck HDDスタンド」を購入しました。

外付けハードディスクを二台使用しているのですが、電源が二個いるしUSBケーブルも二個いるし場所も取るしということで「inateck HDDスタンド」でデスク上をスッキリさせるために今回購入に至りました。

外観や読み書き速度などについて書いていきます。

商品の特徴

ハードディスク3.5インチ、2.5インチ、SSDを二つまでカセットに挿して使用することができます。

クローン機能がついていてAのハードディスクからBのハードディスクにパソコンを使わずに丸ごとコピーすることができます。

クローンに関しては僕は二台とも別々のハードディスクとして使用しているため試していません。

もしもの時のバックアップ用として使用する場合は重宝する機能です。

新しいハードディスクに買い替えた時も丸ごと新しいハードディスクにコピーできるのでそれも魅力です。

付属品

inateck HDDスタンドの付属品

左から電源ケーブル、USB3.0ケーブル、本体、説明書になります。

ファーストインプレッション

inateck HDDケースの箱
inateck HDDケースの箱2

意外とよかったのが箱がシンプルでかっこよかったです。

箱なんてなんでもいいと思いますが僕は箱で結構テンションがあがります。

inateck HDDケースの梱包

梱包もしっかりされていたのはいいポイントでした。

inateckHDDスタンドの外観

本体は思ってたより小さくてスッキリしています。

そして質感がamazonの商品写真で見ていたよりよく、プラスチック丸出しではなくサラサラのラバーコーティングで触ると気持ちいいです。

見た目もシンプルでいい感じ

inateck HDDスタンド 外観

inateck HDDスタンドにハードディスクを入れた
inateck HDDスタンドにハードディスクを入れた2

ハードディスク丸出しになります。

裸で使うことになるので放熱性についてはこっちの方がいいのかなと思います。

inateck HDDスタンドを上から見た

スーパーファミコンのカセットのような差し込み口。

スーファミ世代は挿し込む前にハードディスクをフーフーしてしまいそうです。笑

inateck HDDスタンドの背面

背面のポートはUSB3.0ポート、AC電源、電源ON OFFスイッチになります。

inateck HDDスタンドの裏面

裏面はゴムがついていて滑りにくくなっています。

inateck HDDスタンドの重さ

本体の重量は257gですが持つと軽く感じます。

inateck HDDスタンドと3.5インチハードディスクの大きさ比較

大きさは3.5インチのハードディスクと比べて少し大きいぐらい。

inateck HDDスタンドとハードディスクケースの大きさ比較

以前使用していたIO-dateのハードディスクケースと比べるとこんな感じのサイズ感です。

作動音

音に関しては僕は元々外付けハードディスクケースに入れて使用していたのでケースより静かになりました。

ハードディスクを読み込んでないときはほぼ無音。

読み書きしていないときは全く気になりません。

たまにブーンと音がするのですが、見た目上読み込んでなくてもハードディスクが作動しているのかもしれません。

ハードディスクを読み書きしているときはハードディスクの特性上カリカリうるさいですがこれはケースのせいじゃないので仕方ないです。

余談ですがmacで外付けハードディスクを使用しているのですが、inateckのHDDスタンドにする前からハードディスクが常に動いていて触ってないのにカリカリずっとうるさかったんです。

最初はケースに問題があるのかなと思っていましたが、inateckのスタンドに変えても同じ症状だったのでハードディスクかmacに問題があると思い色々試した結果、macのspotlight検索の対象を外付けハードディスクだけ除外したらものすごく静かになりました。

mac spotlight検索

同じ症状で困ってる方がいたら是非試してください。

速度

inateck HDDスタンドの公式ページには速度が従来のUSB3.0より早くなるとの記載がありましたのでこれも楽しみにしていました。

inateck HDDスタンドの速度

ハードディスク1 inateck 速度
ハードディスク1 inateck 速度
ハードディスク2 inateck速度
ハードディスク2 inateck速度

以前のHDDケースの速度

以前のケース1 IO-date速度
以前のケース1 IO-date速度
以前のケース2 oricoHDDケース速度
以前のケース2 oricoHDDケース速度

検証結果がこれです。

早くなった・・・かなぁ?

僕の環境ではほぼ変わらなかったです。

これは期待していただけに残念ポイントでした。

PCの環境によるかもしれないので一概には言えませんが少なくともmacbookpro 2015年モデル 15インチでは変化はありませんでした。

M1 macbookproが届いたら再度検証してみたいと思います。

ちなみに以前使っていたケースはこの二つです。

左:orico HDDケース 右:IO-date HDDケース
左:orico HDDケース 右:IO-date HDDケース

ハードディスクを一つだけ使用する場合はこのようなケースで問題ないと思います。
参考にしてください。

まとめ

inateck HDDスタンド 正面
inateck HDDスタンドとデスク
デスクがスッキリしました

速度は期待したスピードはでなくて残念でしたがトータル的にはとても満足のいく商品でした!

見た目的にもシンプルで思っていたより質感もよく、軽さも魅力です。

特にマットでサラサラな触り心地と見た目が気に入りましたので壊れず長く使えるといいなと思います。

ハードディスクの容量が少なくなって買い換える時も丸ごとコピー機能がついているので楽に移行することもできるのでハードディスクがいっぱいになったら試してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました