サンディスク エクストリーム ポータブル SSDがコンパクトで大容量でおすすめ

ガジェット

macbookproの容量不足のため拡張ディスクを探していて、速度が早いSSDにしようと思い、その中でもデザインが気に入ったサンディスクのポータブルSSDを購入しました。

購入したのは半年ほど前なのですが、サンディスク エクストリーム ポータブル SSDを購入してから毎日macbookproに挿しっぱなしで使用しています。

容量は1TBの物をチョイス。

現在では快適すぎてなくてはならない存在に。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの付属品

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの付属品

サンディスク エクストリーム ポータブル SSD本体 : USB-Cケーブル : USB-A変換アダプタ

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDのスペック仕様

インターフェースUSB 3.1 Gen 2

コネクタUSB-C互換性

PC & Macコンピュータ — ドライバーが不要

Windows 10、Windows 8、 Windows® 7、Mac OS 10.6以降に対応

サイズ(LxWxH)96.2mm x 49.55mm x 8.85mm

読出し速度 最大550MB/秒 で写真やビデオを超高速に保存、編集、管理

IP55の防滴性と防塵性を備え、様々な状況下でデータを保護

最大2メートルの落下に耐える衝撃と振動に強い高耐久モデル

コンパクトなデザインでUSB3.1 Gen2の超高速転送に対応

データ復旧ソフト「レスキュープロ デラックス」1年間利用特典付き

信頼の3年間限定保証

amazon

サンディスク ポータブル SSDの外観と比較

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの外観
サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの裏

デザインがよく、そしてなにより小さく軽い。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDとハードディスクとの比較

今まで外付けハードディスクを使っていたがその差は歴然だ。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDをmacbookproにつけてみた

カバンに忍ばせるのにぴったりなサイズ感で、どこかに打ち合わせに行くときなどはUSB感覚で必ず持ち歩くようにしている。

ポケットにも入るサイズ感なので最小限の荷物で出かけるときも嵩張らず便利。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDにカラビナをつけてみた

カラビナをつけるところがあり、ベルトループなどに付けたりアクセサリーの様に出来るが、ストレージと考えると僕はこのような使い方はしたことがない。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDとiphoneとの比較

外付けSSDで容量も1TBあるのにiphoneより小さい。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの重さ

そしてiphoneより軽い。重さたったの41g。

サイズは縦:96.2mm x 横:49.55mm x厚さ: 8.85mm。

3.5インチの外付けハードディスクしか使ってこなかった僕にとっては衝撃です。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDのusb-c端子
サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの付属のケーブル

接続はUSB-Cでの接続となるが僕のmacはまだUSB-A端子。

付属のUSB-CからAタイプに変換できるアダプタを付けて使用しています。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの付属のusb変換アダプタ

これが地味に便利で、小さくてまるでそのままのケーブルの様に扱える。

最新のモデルはアダプタは付いておらず、USB-C to CのケーブルとUSB-C to Aのケーブルの二本が付いているもよう。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDを手に持ってみた

サイズは手にすっぽり収まるサイズ。

さわり心地はさらさらとしたゴムのような衝撃に強そうな素材。

買った理由

サンディスク エクストリーム ポータブル SSD

仕事での運用がメインなのですが、持ち運びにも使いたかったのである程度小さくて衝撃にも強いものがよかったです。

最初はUSBやポータブルハードディスクにしようかとも思ったのですが、ポータブルSSDの小ささと速度に感動してこちらにしました。

値段はハードディスクに比べると多少高いものの、結果的には正解でした。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの速度比較

肝心の速度ですが、僕のmacbookproは2015年式のUSB-Aタイプの3.0なのでサンディスク エクストリーム ポータブル SSDの本来のスピードをフルで出せないのでその点だけご了承下さい。

サンディスク エクストリーム ポータブル SSDの速度

それでもこの速度。

今まで使用していたUSB3.0外付けハードディスクとは比べ物にならない程早いです。

usb3.0のハードディスクの速度

こちらが以前使用していた外付けハードディスク(USB3.0)の速度。

macbookpro内蔵ssdの速度

こちらがmacbookpro内蔵のSSDの速度。

さすがに内蔵は早いです。
ですが書き込み速度はサンディスク エクストリーム ポータブル SSDも同じですね。

バックアップ用のnasの速度

バックアップ用で使用しているNASの速度。

とても遅いです。

NASってケーブルレスで使用できるのでいいんですが、この速度だけはどうしてもデータツールとして使う気がしません。

NASを早くする方法が全くわからないのであれば教えてもらいたいです。

不満点

特にこれと言って不満はないのですが、やっぱりハードディスクと比べるとまだまだ高いです。

SSDの値段もだいぶ下がってきて以前と比べると手が出せる値段にはなってはきました。

それでもバックアップ的なものや、大容量の物を保存するにはまだハードディスクかなーと思います。

4Tとかもすごく安く買えますしね。

まとめ

サンディスク エクストリーム ポータブル SSD

1TBという容量をこんなに小さく、こんなに軽く、こんなに気軽に持てるというのがとてもすごいです。

そしてとてもタフ。

ハードディスクですと少しの衝撃もビクビクしてましたが、ポータブルSSDにしてから多少雑に扱ってます。

データも一回も飛んだことないですし不具合も今の所ありません。

それにSSDの特性上、ハードディスクのようなカリカリと音が鳴らないので無音で振動もありません。

挿しっぱなしでも邪魔にならないサイズ感ですし、コンパクトなストレージが欲しいと思っていた人にはとてもおすすめの商品です。

新しいモデルはこちら

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました