M1 MacBook Pro 購入に際して揃えたあると便利な周辺機器まとめ

ガジェット

今回「M1 mac」が発表されて「M1 macmini」と「M1 macbookpro 13インチ」で非常に悩んだのですが「M1 macbookpro 13インチモデル」を購入しました。

僕は「macbookpro 2015年モデル」を使用していましたので5年ぶりの買い替えとなります。

2016年のmacから周辺機器が「USB-C」を中心とした機器に激変していますので5年分の遅れを取り戻すべく色々と買い足しました。

M1 macbookを使用するにあたってあると便利な周辺機器をご紹介します。

USB-Cハブ

これは絶対いります。

これがないとまず今までの運用ができないのでまず最初に購入しました。

2016年からmacにはUSB-C端子が採用されましたが、増えてきたとはいえまだまだ旧端子が現役バリバリで必要です。

充電アダプタ

macbookの純正アダプタはかなり大きく重量もあります。

それ以上に持ち出す際に毎回コンセントから抜いてくるくるケーブルを束ねて・・・という工程が圧倒的に面倒くさいです。

とてもコンパクトなアダプタが他社から出てますので購入しました。

M1macはmacbookairが30W、macbookpro13インチが61Wになります。

4Kモニター

自宅で作業したり大きい画面で映像などみるにはやはり外部モニターがあるといいです。

macbookに接続するならUSB-C端子がついているディスプレイだとケーブル一本で給電から映像出力までできるのでおすすめです。

僕は今までmacbookproをフルHD24インチモニターに繋げて使っていましたが、これを機に4Kモニターに買い替えました。

悩んだ結果、デルのU3219Qを購入しました!

マウス・キーボード

外部モニターを使うならマウスとキーボードも買ってしまって自宅でデスクトップとして使えてしまうのがmacbookのいいところでもあります。

せっかくmacbookにキーボードもトラックパッドもついているのにもったいない気もしますが、macbookをPC本体だと思って揃えてしまうと戻れないぐらい快適になります。

家ではデスクトップとして、持ち出し時はmacbookだけを持ってが最強の運用方法だと思います。

その代わり一台での運用の場合、失くしたり盗難されると終わるのでバックアップはしっかりとっておいた方がいいです。

外付けSSD

これは現在使っているサンディスクのSSDがあるのですが、これがあるとないで全然違います。

macbookのストレージを少ないものにしても外付けSSDがあれば容量不足に困ることなく高速でデータ通信することができます。

外付けハードディスク

外付けSSDを持っていたとしてもSSDはまだまだ高価です。

大容量の保存にはやっぱりハードディスクが適しています。

今はハードディスクの価格も非常に下がっているのでmacのバックアップ用や動画や写真などの保存に大容量ハードディスクがひとつあると便利です。

ドッキングステーション

これは新しいmacbookproを買ったら絶対に欲しい!と思っていたのですが値段が高く悩んでいます。

買おうとしている4Kモニターがケーブル一本でUSB-C給電+映像出力可能なので微妙なところです。

逆に考えるとドッキングステーションを買ってしまえばモニターにtype-cケーブルがいらなくなるのでモニターの価格を抑えることができます。

モニターの選択肢は増えるし、自宅やオフィスではこれがあると端子は最強に揃います。

いつかは欲しい一品。

まとめ

とりあえずはこれだけあると超快適なmacbook生活が送れると思います。

僕自身もっと揃えたいものがあるのですが破産してしまうのでまずはこれぐらいにしておきます。

本当に必要なものだけ買って後々色々買い足していきたいと思います。

今は「macbookpro」が届くのが待ち遠しくて毎日周辺機器を見てしまいます。

これもひとつの楽しみになっているので、長いこと買い替えを待った代わりに今回のmacには色々と楽しませてもらっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました