ピークデザインのカフとアンカーリンクスを購入してみたら納得の便利さだった

カメラ

ずっと欲しかったピークデザインカフアンカーリンクスを購入したのでレビューしていきます。

カメラを使用している時にストラップが邪魔で室内では不要と思ったことはないだろうか。

僕は室内での撮影にカメラを使用することが多く、かといってカメラのストラップはがっちりとまっていて簡単には外せないのである。

長いこと我慢して使っていたが、前から気になっていた取り外しが簡単になるピークデザインのアクセサリーをとうとう購入した。

買ったもの

購入したのはピークデザインのカフアンカーリンクス

ピースデザインの特徴としてアンカーという丸いポッチをカメラに取り付ければ、簡単に取り外しができる。

こちらがカフ。手首に巻いて使用するタイプで落下防止になる商品。

こちらがアンカーリンクス。持っているストラップにそのまま付けれるので自前のストラップが無駄にならない。

アンカーとは

ピークデザインの製品を買おうとするとぶち当たるアンカーという存在。

アンカーとはこのような丸いポッチで、これをカメラ側に付ける。

そうするだけでカフアンカーリンクスを簡単に取り外すことが出来る。

これでカフからストラップに、ストラップからカフにとスムーズに取り替えることができとても便利だ。

メーカー公称の耐荷重は90kg以上で、傷がついたり摩耗してきたら赤い印が出てくるので、それが見えたら交換のサインになる。

カフの付属品

カフにはカフ本体と収納ケース、アンカーが二個付属している。

カフのみを使用する場合はアンカーは片方の1つでいいが、ストラップに取り替えたい場合は2ついるので最初から2つとも付けておいたほうがいい。

カフの特徴

カフは腕を通し、引っ張るだけで簡単にキュッと締まる仕組みになっている。

これがとてもスムーズで片手で簡単に締めることが出来る。

逆に緩める時は反対側の手でシルバーの金具をを引くと緩めることができる。

カフは取り外して腕に巻くことが出来る。

バンド部分にマグネットが付いており、くるっと一周させるとピタッとくっつく仕組みになっている。

カフは今は取りたいけど置いておく場所がないと思ったら手に巻いておくこともできる。

アンカーリンクスの付属品

アンカーリンクスにはアンカーが4つ付いてくる。

カメラに使うのは2つなので残りの2つは予備になる。

付属の金具はカメラ側の紐を通す穴が小さい場合、この金具を付けて通せるようになる。

アンカーリンクスの特徴

アンカーリンクスはストラップを取り付けるパーツをハウジングといい、カメラ側に付けるものはアンカー

その2つセットでアンカーリンクスという名称になる。(ややこしい)

アンカーリンクスは自前のストラップに付けることができるのでピークデザインの製品じゃなくても使用することが出来る。

僕はカメラを買った時に付いてきた付属のストラップをアンカーリンクスに付けて使用している。

持っているものが無駄にならず、しかも取り外しが簡単になったのでとてもありがたい。

使用してみて

とにかく付け外しが楽になった。

室内での撮影時はストラップをわざわざ首にかけることがないのでいちいち手でストラップを抑えてカメラを握ったり、真上から撮影したい時は垂れたストラップがカメラに入り込みとても邪魔だった。

これがなくなっただけでも買ってよかったが、カフの使い勝手がとてもよく今のところほぼカフを付けて使用している。

まとめ

前々から気になってはいたが、カメラを一台しか持っていない僕に本当に必要かと思ってしぶっていたが、ストラップを場合によっては取り外したいと思っている人にはとてもおすすめしたい。

カメラを二台持っている人なら1つのストラップを使うカメラで併用できるので便利なのは分かっていたが、一台持ちの人でも

・室内での落下防止のカフ

・外にお散歩する時はストラップ

・何も付けたくない時はアンカーのみ

など取り替えが楽でとても便利。

これからはカフとアンカーリンクスで運用してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました