Beats Pill+ beatsのbluetooth スピーカーは音質抜群でかっこいい!【レビュー】

ガジェット

自宅で仕事をしているときにmacで音楽を聞いていたのですが、やっぱりちゃんとしたスピーカーが欲しくてBluetoothスピーカーを探しました。

家電量販店でいろんなスピーカーを接続して音質など聴き比べたり、見た目がもうちょっとよかったらなーと思っていて

最初はankerなどの安価なBluetoothスピーカーや音質を重視してYAMAHAのスピーカーを買おうと思っていました。

最終的にBOSEのBluetoothスピーカーにしようと思っていましたが・・

そんなとき候補にはなかったBeats Pill+ ポータブルワイヤレススピーカーを見つけてなにげなくペアリングしてみると、音がめちゃくちゃいい!となり購入に至りました。

購入したbeatsのBluetoothスピーカー

Beats Pill+ 外観

Beats Pill+ 外観
Beats Pill+ 外観

Beats Pill+は見た目がスタイリッシュ

Beats Pill+は見た目がスタイリッシュ

これも決め手のひとつになりました。

  • シンプルでミニマムなデザイン
  • 上部にbの文字だけ
  • 無駄を削ぎ落としたカプセルのようなデザイン

いろんなBluetoothスピーカーで悩みましたが、見た目的には他のBluetoothスピーカーの中では一番ではないでしょうか。

Beats Pill+は重厚感がすごい

Beats Pill+ 重量

これ、重いんです。

見た目以上に持つとズシっとした重量感があります。

僕はこれが逆に気に入りました。

僕の場合はあくまでも自宅での音楽鑑賞用だったので外に持ち出すことは今の所考えていません。

「最悪外でも使える」程度に考えているとこの重量感は安定感がありとてもいいです。

いいものを買ったと思わせてくれます。

Beats Pill+は背面も超シンプル

Beats Pill+ 背面

背面もラバーで覆われていてめちゃめちゃシンプルです。

普段はラバーで端子が隠れているのでとてもスマート。

ラバーを外すとライトニング端子、ミニジャック、USB端子がついています。

Beats Pill+ 端子

個人的にいいと思ったのが、USB端子とミニジャックは隠してライトニングケーブルだけ挿す事ができます。

自宅での運用なので基本はこの状態で使用しています。

Beats Pill+ ライトニング接続

背面の見えないところもスマートにするこういった配慮はすごくいいです。

Beats Pill+のボタン配置

Beats Pill+ ボタン配置
  • 音量+ボタン
  • 音量ーボタン
  • 再生、停止を兼ねたbボタン
  • 電源の4つです。

無駄のないボタンです。

ペアリングは電源を入れ、「b」ボタン点滅後、「b」ボタンを3秒押すとペアリングが検出可能モードになります。

Beats Pill+は付属のアダプタもスタイリッシュ

Beats Pill+ アダプタ
beats pill+付属のアダプタ
Beats Pill+付属のライトニング端子
端子は黒のライトニング端子

Beats Pill+の機能

Beats Pill+はバッテリー内蔵でポータブル仕様

beats pill+自体にバッテリーがあります。

バッテリーが内蔵されているので持ち出しが可能です。

僕は外に持ち出しはしませんが、家の中の他の部屋に行くときに持って行って、そこで音楽・ラジオを聞くなどの使い方もできます。

いちいち電源ケーブルがいらないのは結構楽です。

Beats Pill+はiphoneの充電器になる

Beats Pill+はiphoneの充電器になる

Beats Pill+でiphoneの充電ができます。

外出先ではモバイルバッテリーとして使うことができますが、こんな重たいモバイルバッテリーは嫌です笑

僕は家でこの充電できる機能を便利に活用しています。

Beats Pill+でマジックキーボードも充電

Beats Pill+でマジックキーボードも充電

端子がライトニングなのでマジックキーボードやマジックマウスを充電することが出来ます。

Beats Pill+でマジックマウスを充電
Beats Pill+でマジックキーボードを充電

USBタイプCじゃないことがここで活かされました。

beats pill+を給電しているアダプタ(黒いケーブル)からも充電できますので、僕は主にそちらの方を使っています。

beats pill+も充電しつつマジックキーボードも充電したいときはbeats pill+にライトニングを挿して充電しています。

Beats Pill+とマジックキーボード

この運用にしてからmacのUSBポートを、充電の為に埋めなくてよくなったので個人的には予想外の便利さでした。

Beats Pill+のAUX端子で外部から有線接続

僕のモニターにはスピーカーが付いているのですが、音がすごく悪いです。

PS4などBluetoothで音声を飛ばせない機器は、モニターとbeats pill+を有線接続して音を聞いています。

ただ、Bluetoothスピーカーなのに有線接続になるので、がっつりやるゲームでなければめんどくさいのでそのままモニターから音出しちゃってます。

Beats Pill+はBluetooth接続音が少し大きい

一度Bluetooth接続を完了させたら次回からは自動で接続されます。

電源を入れた時にBluetooth接続を自動でしてくれるのですが、完了したときの音が少し大きいです。

「ブーン!ピコッ!」みたいな音がなります。

設定でOFFとか出来たらよかったんですが。

けどすごく大きい音でもないし、接続時の一回だけなのでそんなに不満でもありません。

Beats Pill+は音質が素晴らしい

Beats Pill+の外観

買うきっかけになったのは結局音質でした。

Beats Pill+は重低音がとても効いているんですが、すごく聞きやすいんです。

セパレートタイプではないのに音が広がっていくような感じもあります。

「これだ」と思いました。

どのスピーカーにしようかなと思っていたときはソニーのBluetoothスピーカーがよく売れていたので候補にあったんですが、聞いてみると自分的には何か違いました。

BOSEのBluetoothスピーカーは最後まで悩みました。

でも音が思っていた感じと違ったので、やっぱり視聴した時にぐっときたbeatsのBluetoothスピーカーにしようと思いました。

beatsのBluetoothスピーカーは聞いたとき何か感動したというか、「おっ」となりました。

BOSEのBluetoothスピーカーにはそれがなかったんです。

ヘッドホン・イヤホンともにBOSE製品を使っているんですが、beatsのスピーカーを選んでしまうほど何かぐっとくるものがありました。

音質は好みによる部分が大きいと思うので家電量販店などで一回聞いてみてほしいです。

Beats Pill+ まとめ

Beats Pill+のまとめ

買ってから毎日使用していますが満足度はとても高いです!

これは買ってよかったと自信を持てる商品のひとつになりました。

見た目もスマートで音もいい。

個人的にはbeatsのヘッドホンなどはあまり好みではなかったのですが、スピーカーはかなり気に入りました。

皆さんの参考になればと思います。

ありがとうございました。

その他の候補にあったスピーカー

ANKERのBluetoothスピーカー

安くて音もそこそこよかった

ヤマハのBluetoothスピーカー

実機がなく視聴はできなかったので残念。
セパレートタイプで評判がいいので気になったが、視聴していない為今回は断念。

ソニーのBluetoothスピーカー

評判もよく売れているが、自分には合わなかった。
防水機能が欲しい人にはおすすめのモデル。

最後まで悩んだBOSEのBluetoothスピーカー

これは大本命だったので決断は難しかったです。
正直なところBOSEのスピーカーが欲しかったのだが、やはり聴いてみて本能的にこれだ!と思ったbeatsのスピーカーにした。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました